Welcome to

カガヨウ!妊娠初期に葉酸サプリが必要な理由を科学的に説明

Home / コラム / オムツのパッケージモデルの子って凄いよね

オムツのパッケージモデルの子って凄いよね

奥さんの第一子妊娠がわかると、何をしてあげられるか悩んでしまう旦那さんも多いと思います。

最初に出来ることは奥さんと過ごす時間を大切にすることです。不安の多い妊娠中に奥さんの安らぎに繋がります。産院での検診に付き添ってみましょう。
少しずつ父親になる実感が湧いてくるものです。

とはいえ、産院は基本的に女性優先、席は女性に譲り、旦那さんは隅の方で待ちましょう。妊娠中はパパにも慣れないことが多く大変かもしれませんが、やはり妊婦さんを最優先してください。子宮頸管無力症との診断を23週目に受け、24週目で頸管縫宿術を受け、自宅安静中で現在34週目です。いわゆる正産期まで日はありますが赤ちゃんも2000グラムと順調に成長してくれていて、早産の可能性はまだ残るものの、産休に入り、穏やかに日々を送っています。
ウェブ上で同じく切迫早産や子宮頸管を縫宿する手術をされた方のお話で励まされています。このまま無事に元気な赤ちゃんを産めるよう、残り少ない妊娠期間を楽しみたいと思います。

妊娠8~10ヶ月はさらに大きなお腹へと成長し、些細なことでお腹が張ることもあるかと思います。
1時間に2.3回、痛みのない不規則な張りの場合は生理的な現象で心配いらないものです。ところがこれが短時間に何回も張ってくる時には注意をしなければいけません。

痛くなくても、何度も、何時間も規則的なお腹の張りが繰り返されていると陣痛に繋がる危険な張りかもしれません。まだ赤ちゃんはお腹の中にいるべき時期なので、少しでもいつもと違うと感じるなら、すぐに病院へ連絡、診察を受けましょう。
妊娠中のときは穏やかな生活を送るように気をつけましょう。妊娠初期の間は病院の診断でお腹の張りと言われてもはっきりと分からないと思いますが、なにはともあれ負担をかけないことです。自分は妊娠していないころの感覚のままなのでこれは普通にできるとかあれこれやることが多く忙しくしていると気持ちが急ぎ目になりますが、無理すると切迫流産で入院になってしまいます。
ちょっとでも身体がしんどいと思ったら、お休みになるのが最良の方法です。

落ち着いたスローライフもリラックスした気持ちになれて素晴らしいと思います。

妊娠している間一番大事なことは穏やかにストレスなく過ごすことです。でもつわりで気分がブルーになったり、体が思うように動かずイライラしてしまいがちです。

そんな嫌な気持ちをあげるために、好きなものを食べに行ったり、赤ちゃんの物を見にショッピングに行ったり、晴れてる時はお散歩したりして体が負担を感じない程度に外出して気分を落ち着かせることがいいです。

妊娠経験のある友人から、妊娠すると妊娠線というものが出ると聞き、怖くなり調べてみました。
第一に保湿が大切とわかったので、安定期を過ぎてから毎日毎日必死で保湿力の高いクリームを塗り続けました。1日に2、3回は塗り直していました。

結果的に何個のボディクリームを使ったのかも分からない程でした。

自分が好きな香りが付いたクリームを使い、リラックスすることもできました。
その効果もあり、二人出産しましたが、全く妊娠線は出ませんでした。
私がお勧めするのは、マタニティスイミングです。特に妊娠後期、お腹が大きくなって歩くのもきつくなりますので、水中での運動はとても気持ちがいいものです。

お医者さんにOKをもらってから行いましょう。

動きが浮力で身体が軽くなることで楽です。

妊婦さんばかりなのでお互いの気持ちを分かり合えますし、ベビーが産まれてからはベビースイミングに通えば、さらにお付き合いの幅も広がるでしょう。初妊娠の喜びのまま、そのまますぐに仕事を辞めました。退職したものの、毎日することがなく退屈な日々となりました。

特にすることも無いので、友人と頻繁にランチに出て出費を増やしてしまい、体重が急に増えすぎと、検診で注意を受けました。

つわりも軽く普通に生活できたので、程ほどに働きながら妊娠期間というものを過ごせばよかったのにと思いました。妊娠中に注意することは、まずストレスを溜めないことです。
ストレスがたまるとついついヤケ食いをしてしまったり、冷静な判断ができず危険な行動に出たり、ゆったりとした気持ちで過ごせなくなります。すると、お母さんの体にとって負担が増え、赤ちゃんにも悪影響を与える可能性があります。

命がけの人生の一大イベント、それが出産です。あまり神経質になりすぎるのもよくないですが、身も心も準備万端で出産にのぞめるよう、穏やかな気持ちと身体を準備してきましょう。

私は妊娠中に金属アレルギーになってしまいました。

妊娠初期に使用していた結婚指輪の辺りがかゆくなってきて、しばらくしたらはれあがってきました。お医者さんに診てもらったら、皮膚が繊細になっていて金属アレルギーのようになっているということでした。以来、指輪を指すことをしなくなりました。
妊娠期間限定のことで、出産終了後、時間が経つと普通になって今はもう金属を身につけても関係なくなりました。

妊娠しているとお肌が敏感になるみたいです。
赤ちゃんモデル募集2018年度